寺尾仁志 / 本「絵とことば」+ポストカード5枚セット

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

※この商品は現在お届けまで1〜2週間を頂いております。


寺尾仁志
本「絵とことば」+ポストカード5枚セット

¥1200
※OURLIFE MUSIC特別価格
単品購入時より¥100 OFFです!!


9.2cm × 12.6cm
20頁(本編)

【作品・作者紹介】
「絵筆をふるうときは、音を奏でるように。」
「ギターを弾くときには、風景を描くように。」

それは寺尾仁志「絵とことば」の、
本編の1ページ目に書かれていることばだ。

彼は、ときにギターを弾き歌うシンガーソングライターであり
ときに絵を描く画家/イラストレーターである。

その二足のわらじを、
器用に履き分けるのではなくて
絵を書くのと、歌を歌うのは、
彼によって同じことみたいに思える。
もちろんそれぞれの喜びや苦しみの形はあるにせよ
彼のなかでは同じことなんじゃないか?と
勝手に想像したりする。

そして、その両方の芯にあるのが
彼の“ことば”だと、僕は思っている。


歌に乗せた“ことば”。
絵とコラボレーションする“ことば”。
それだけではなくて
彼によって鳴らされたギターや
ことばの添えられていない絵からも
彼のことばが聞こえてくる。


とっても丁寧に、どこまでも誠実に。
感動も、苦悩も、そのままに。

そう、気づかないで通り過ぎるような小さな喜びだとか
あたり前に見える風景の奇跡だとかを
彼はそっとすくいあげてくれる。
そして、
どうしようもない悲しみや悶々とした気持ちの時にも
彼の絵や音楽やことばに重ね合わせて
何かヒントをもらったりする。

(弱さは弱さとしてきちんと向き合う彼のことばだから、
必要以上の前向きも、必要以上の愚痴もなくて
それが僕は大好きで、何度も救われてきたんだ。)


寺尾さんの絵を見れば、
寺尾さんの歌を聞けば、
寺尾さんに話を聞いてもらったり、
そっと背中を押してもらったり、
そんな気持ちになる。

「そうだよね」「本当だよね」
「あぁ、僕ももうちょっと頑張ってみようかな」
...なんて
そんなふうに寄り添ってくれるのが
彼の絵や歌やことばなんじゃないかな。

そしてそれは冬空の星みたいに、
さりげないのに、優しくて、綺麗で、とても強い。

              (大森元気)


【寺尾仁志 OFFICIAL SITE】
http://teraobook.com/

ショップの評価

  • dodo special 『ドードーよ、永遠に』

    dodo special 『ドードーよ、永遠に』

  • 棚木竜介と図書館 『e.p.』

    棚木竜介と図書館 『e.p.』

  • 棚木竜介と図書館 『crazy feelin' crazy groovin' / Rebirthday』

    棚木竜介と図書館 『crazy feelin' crazy groovin' / Rebirthday』