coinbird『淋しがりやとミュージアム』

¥ 1,680

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

coinbird『淋しがりやとミュージアム』

2012.9.5発売
coinbird COINBD-1001
¥1,680(tax in)CD
※音楽ライターまつもとたくお氏によるライナー付

1.シェリーの海
2.あいことば
3.くらげ
4.水曜日のダンス
5.天井にギター
6.春はあけぼの
7.青と緑


◆作品紹介
dodoやオロロトリヒロ☆すてきロックバンドといった様々な形態でも活動する内田綾子だが、現在に通ずる歌声は、coinbirdの活動の中で獲得したといっても過言ではない(その昔は、ロックシンガーっぽく歌っていたこともあったらしい)。

そして、柔らかく漣のような演奏に徹し、内田の歌声を引き立てるのは、大学時代の仲間たち。
ポロポロと音を散りばめる宍戸のギターと小澤のキーボードはどことなくハープを思わせ、大塚のベースは曲を平熱に保つために一役買う。サポートながらメンバー級の働きを見せるドラムの久保田は以前、「とにかく、あやこさんの歌に合わせてショットするんです」と熱っぽく話していた。面白い奴だ。

彼ら彼女らは学生時代を過ぎて既に幾分か経つはずだが、「青と緑」に代表される蒼さのあるサウンドや、「水曜日のダンス」に聴くオルタナティブとポップスの歪な関係には、まさにライターの青い炎の如く、静かな熱さ、若さが生きたままでいる。円熟味を求めるバンドが多い中で、これは保つのは案外、難しいことなのだ。そういう意味で、coinbirdはどこか天然な魅力を持ったバンドと思う。

さあ、ぼくたちもしばし、学生時代に戻ってみることにしよう。うう、あんなことやこんなことを思い出して、しんとしてしまうかも。(不知火庵)


◆プロフィール
coinbird(コインバード)
vo,gt 内田綾子 / gt 宍戸隼 / ba 大塚淳史 /key小澤美佳 / dr 久保田潤
2008年都内にて結成。 2011年にはAKB48・篠田麻里子主演の「くるみ洋品店」に代表曲「くらげ」が挿入歌として採用される。その後じわじわと評価を伸ばし、下北沢モナレコードのコンピレーション「モナレコードのおいしいおんがく~風と踊る歌~」への楽曲選出などを経て、2012年晩夏に初の全国流通盤として本作を発表。


◆全曲ダイジェスト
【YOUTUBE】http://youtu.be/qiVco5k5Cck
【SoundCloud】https://soundcloud.com/ourlifemusic/coinbird

◆ライブ動画
【シェリーの海】http://youtu.be/oztIYtSUo18
【くらげ】 http://youtu.be/2dA9-dQPwOY
【あいことば】http://youtu.be/LbJnUIXGzZ8


◆オフィシャルサイト http://coinbird.syncl.jp/